消費者金融はじめて

信販会社と消費者金融の違いは?

信販会社と消費者金融ってどう違うの?


Answer

《信販は「信用販売」の略》割賦販売による商品売買で、販売業者への代金立て替え払いと、購入者からの分割払いによる集金を主たる業務とする会社。その他に、クレジットカードによる商品購入サービス、電話代や家賃などの集金代行サービス、金融機関が行う貸付における借り主の支払い保証(信用保証)サービスやキャッシングサービスなどを行う。クレジット会社。ローン会社。

消費者向けの信用供与は消費者信用とよばれるが、そのうち、小額、無担保の短期の金銭融資業務を消費者金融という。消費者金融以外の消費者信用は、商品・サービスの購入資金貸付であり、販売信用とよばれる。2006年(平成18)の消費者信用供与額は約76兆円、販売信用が約45兆円であり、消費者金融は約31兆円であり、そのうち消費者金融専門会社による供与額は約9兆円となっている。

というのが一般論ですが、わかりやすく言えば、信販会社はいわゆるクレジットカード会社と思ってください。日常誰もが一枚はもってるクレジットカードですよね。そして、最近はほとんどが、クレジットカードにはキャッシング機能もついているので、お金を借りることもできます。

それに対して、消費者金融は、ずばり昔で言うところのサラ金ですよ。サラ金!誰からもお金を借りることができない人が、最後に利用する、ぶっちゃけ審査などなにもなく誰にでもお金を貸すところ。その代わり、恐ろしい取立てがあり、しばしば事件にも発展したことから社会問題にもなりました。いまは、名前を消費者金融と変えたり、大手金融機関の傘下に入ったりしていますが、あくまでその土台は昔のサラ金です。

良識ある方は、消費者金融からお金を借りるなどとは考えないほうが、ご自分のためです。

借金は放置せずに任意整理をおすすめします

5つの質問に答えるだけの借金相談シミュレーターです。
無料、実名・住所の入力不要