消費者金融はじめて

ブラックリストは何年経つと消えるのでしょうか?

消費者金融のブラックリストは、何年経つと消えるのでしょうか?


Answer

ブラックリスト・・・・破産か何かしましたか。ブラックと言うものは基本的に存在しません。このようなブラックと言われるのは、破産や債務整理をした場合です。通常は信用情報を見て審査をしてます。基本的に普通の個人信用情報は5年です。

信用情報などは下記を参考にしてください。

・・・・自己破産情報の登録期間・・・・
自己破産の情報は、官報から全銀協などの個人情報登録機関に登録されてます。登録されてる期間は下記が参考です。

■全銀協破産手続開始決定等を受けた日から10年を超えない期間
■CIC破産手続開始の決定日より7年以内
■CCB宣告日より7年間
■全情連手続開始日(宣告日)から10年間。
※債務整理は金融機関に手続き開始から5年~7年各信用情報に載ります。

●住宅ローンについて●
住宅ローンは主に銀行系金融機関で組むことが多いと思いますが・・・・
銀行は、全銀協及びCICに開示請求しますので、破産宣告手続開始決定等を受けた日から10年間は、破産宣告した情報が銀行にばれます。銀行は、破産宣告の情報が残っている期間は、原則ローンを否決いたします。

住宅ローンについては破産宣告から10年間は無理です。また、破産した機関でローンを申し込む銀行と関係がある会社は銀行によっては一生貸さない場合もあります。

●クレジット・消費者金融●
クレジット・消費者金融 CICとCCBで調べる場合が多いです。破産宣告等から7年程度は、破産宣告の情報がわかります。債務整理は5年~7年。
但し、クレジットカードは作る会社の判断ですので、破産情報が残っていても作れる場合があるようです。ガソリンスタンド・大手スーパー・家電量販店などのポイントカードと一体になったクレジットは審査は緩いですので、作れる場合もありますが・・・3年以上は無理です。

●自己破産の情報●
銀行が独自で官報情報を見てデータペースを作ってます。官報情報は公的記録情報です。自己破産及び債務整理はいわゆるブラックリストとして社内にデータがある訳で・・・
信用情報を調べないで解ってる訳ですね。従って、10年を経過したからといって必ず住宅ローンが組めるわけではなく、銀行によっては一生貸さない場合もありえます。

●信用情報機関に登録されてる内容
本人情報■
氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、勤務先等

■取引情報
ローンやクレジットカード等の借入金額、借入日、最終返済日等の契約の内容およびその返済状況(延滞、代位弁済、強制回収手続、解約、完済等の事実を含む)

■照会記録情報
センターの会員 クレジット審査や銀行などやがセンターを利用した日およびローンやクレジットカード等の契約またはその申込みの内容

■不渡情報
手形の不渡に関係する情報

■官報情報
破産手続に関する情報。

■苦情受付コード
登録情報に関する苦情を受け・・・調査中など。

■本人申告情報
本人からの申告内容が登録できます。ただし内容は審査され制限があります。

借金は放置せずに任意整理をおすすめします

5つの質問に答えるだけの借金相談シミュレーターです。
無料、実名・住所の入力不要