消費者金融はじめて

借金をした情報の期限は?

消費者金融で借金をすると、この情報がきえるのに5年かかると聞いたことがあります。この真意と、クレジットカード作成に影響するか、本当にデータは消えるのか。ご存知の方教えてください。


Answer

CICなどの信用情報機関にデータが残るのは、支払日に遅延もなく完済していれば2年間です。通常、遅延なく払っていたら(総量規制にひっかかるなど)、極端に借金額が多くない限り有利に働きます。ただし、未納歴がある状態や破産等で債務整理を行った場合は7年以上残ります。この場合は当然ですが悪い方に働きます。

なお、現在は法律上の総量規制等の影響もあり、他社クレジット・消費者金融の契約の有無(全く借りていなくても限度額など)は分かるようになっています。これによりキャッシング限度額を年収の1/3までに制限させているためです。

ちなみにクレジットカード作成への影響は、遅延なく完済していても「ある」会社と「ない」会社に分かれてしまいます。(一度でも遅延があれば当然ですが影響は悪い方になります)

比較的ステータスを求める会社「AMEX」や「ダイナース」、ゴールドカード等、および銀行・信販・交通系の一部では「影響あり」になります。これは消費者金融に申し込む人はクレジットカードや銀行での審査に落ちてしまい仕方なく契約した、またはお金に本当に困ってしまい消費者金融を頼らざるえない。と判断してしまうからです。ただし、これは消費者金融のみのカードを持っている場合で、その他に一定ステータスのあるカードを持っていれば影響がない場合もあります。

逆に流通系(「イオン」「セディナ」等)や中堅信販系(「アプラス」「楽天KC」等)では、遅延歴さえなければあまり重視しない傾向の所もあります。逆にきちんと払っているから大丈夫だろうとプラスに働く場合もありますよ。

借金は放置せずに任意整理をおすすめします

5つの質問に答えるだけの借金相談シミュレーターです。
無料、実名・住所の入力不要